日記を習慣化させる方法「5年続く3つのコツ」

※Twitterでは以下のような声があります。

なぜ日記を継続できないのでしょうか?原因は色々あります。例えば、「今日は疲れたからいいか」「明日の朝書けばいいか」「今日はネタがないからなぁ」など…。

要するに、面倒くさいという気持ちがあるからなんです。

それではなぜ、歯磨きは毎日できるのでしょうか?

そこに日記を習慣化させるコツが隠されています。

この記事では、日記を習慣化させる3つのコツについて、日記を2012年から書き続けるいる私からお伝えさせていただきます。

よろしくお願いします。

 

日記を習慣化させるコツ1「日記を書かないとどうなるのか明確にする」

なぜあなたは毎日歯磨きをするのですか?

それは、虫歯になったら嫌だからですよね。

虫歯になったら痛くなるという結果が分かっているから、毎日歯を磨いてきれいにしますよね。

これを日記にも活用します。

なので、「日記を毎日書かないとどうなるのか」を明確にしてください。

ただ日記の場合は、やらない結果で痛みを伴うことは普通はないので、どのように設定するかが肝です。

オススメの設定方法は1つあります。

 

それは、周りに宣言することです。

「そうそう、最近日記始めたからとりあえず1年は続けてみるね」と。

このように言えば、やらなかったら痛みを伴うことになります。

「そういえばまだ日記続けてるの?」と言われた時に止めていたら、どう思われるのか…。

自らやらなかった時の痛みを設定するのです。

「歯磨きをしなかったら歯が痛くなる」=「日記を書き続けなかったら知り合いにクソだと思われる」

ぜひ試してみてください。

 

日記を習慣化させるコツ2「書くタイミングを決める」

歯磨きはいつも朝起きた時にしますか?それとも朝ごはんを食べたあとですか?

ランチのあとも歯を磨きますか?夜寝る前にも磨きますか?

このように歯磨きの場合は、ある程度タイミングが決まっています。

なので、習慣化させやすいです。

というより、歯磨きを習慣化させていない人はおそらく重度の虫歯にかかっていることでしょう。

この歯磨き習慣化の仕組みを利用します。

日記を書くタイミングを決めてください。

朝書くとか夜書くとかです。

いや、もっと厳密に決めたほうがいいです。

例えば、「夜の帰宅後すぐ」あるいは「夜の23時」などのようにです。

このように決めてしまえば、楽です。

「あぁこのタイミングね。さっ日記書こう」

このように言えば思えるものです。

抽象的な決め方では、日記を習慣化させることはできないので、具体的に決めることが大切です。

 

日記を習慣化させるコツ3「保管場所を決める」

歯ブラシはいつもどこに置いていますか?

多くの場合、洗面台ですよね。

コップに入っていたり、鏡に吊るしてあったりすると思います。

このように場所が決まっていれば、ほぼ無意識でそれを手にとることができますよね。

この無意識も大切なポイントです。

コツ2のタイミングを決めるとの合わせ技になります。

タイミングと保管場所を決めてしまえば、無意識で実行できるので、嫌でも習慣化させることができます。

それでは、具体的にどのような保管場所がいいのか、そのおすすめポイントをお伝えします。

基本は、いつも使っているテーブルの上です。

いつも使っているテーブルであれば、必ず目に入る位置で、すぐに書くことができる位置になりますよね。

テーブルの上の置物で言えば、テレビのリモコンなどもそうでしょうか。

帰ったらテレビを付ける人は、無意識にそれを実行していますよね。

ぜひ早速日記の定位置を決めてみてください。

 

まとめ

この記事では、日記を習慣化させる方法として、3つのコツをお伝えしました。

すぐに取り入れることのできるコツだったと思います。

いかがでしたでしょうか?

少し補足をさせてください。

1つ目のコツの「日記を書かないとどうなるのか」は、特に異性に言うのが得策だったりします。理由は言わなくても分かると思いますが、好きな人にはいいところ見せたいと思うものですよね。

2つ目のコツの「書くタイミングを決める」は、ベストなタイミングは寝る30分前だったりします。寝る前は1日の最後で何もかも覚えているからです。そして、日記を書くことで悩みや不安を解消できる効果も期待できるからです。

3つ目のコツの「保管場所を決める」は、最初のうちは玄関先にでも置いておくことが良かったりします。やはり、習慣化させるまでは超意識的にやらなければならないからです。超意識的ですからね。ゴミ箱を変えた後は意識的にゴミを捨てなければならなくて、しばらくすれば無意識に捨てられるようになるのと同じです。最初は意識的になる必要があるので、玄関先にでも置いておきましょう。最初は労力がとてもかかりますから。

以上が日記を習慣化させるためのコツになります。

どうぞ気に入ってもらえたら、今すぐに3つのコツを取り入れてみてください。